グリーンスムージーダイエットの効果は本物?

アンチエイジングにいいグリーンスムージーの抗酸化作用

 

 

肌のアンチエイジングを実現するためにはグリーンスムージーを活用することで可能かもしれません。老化を少しでも防ぎたいという方は是非このグリーンスムージーでのアンチエイジングの説明について理解しておくといいでしょう。

 

まず老化に関して理解していてもらいたいのですが、老化の原因というのは活性酸素によるものです。この活性酸素によって肌にシミやしわ、たるみを出しています。加齢によってこの活性酸素を除去する抗酸化作用の力が弱まってきますので、それによって老化現象が出てきます。

 

ですが、この活性酸素というのはそもそも外から入ってくる殺菌などから身を守る働きがあるのでなくてはならないものなのですが、増えすぎると老化を促進させてしまいます。

 

では、どうしてグリーンスムージーがこの老化と関係しているのかというと、グリーンスムージーを摂取することで抗酸化作用を得ることが出来ます。もちろん入れる食材によって大きく変わってきますがβカロテン、ビタミンE、ビタミンCが含まれている食材をメインに入れることで抗酸化作用が発揮されます。

 

日々継続して摂取することによって、活性酸素を除去することが出来ますので、とにかく飲み続けて効果を実感してみてください。

 

また、継続する方法としては、基本的に朝食の代わりにグリーンスムージーを摂取するという方が多いです。出来る限り若くいたいというのはみんな同じだと思いますが、飲み続けることでその想いが叶うかも知れませんのでオススメです。

 

グリーンスムージーの好転反応について

 

グリーンスムージーを飲むことで好転反応と呼ばれる症状が起きることを知っていますでしょうか?これはグリーンスムージーを飲み始めたばかりのときの眠気、頭痛、吐き気、肌荒れ、便秘、下痢、発熱などの症状のことをいいます。グリーンスムージーを飲む方は美肌効果や便秘解消、健康、ダイエットなどを目的としているのに本末転倒だと思う方もいます。

 

しかし、これは理由がありますので知っておきましょう。そもそも、その好転反応がどうして現れるのかというと、活性酸素が原因となります。生きている上でストレスが溜まったり、紫外線を浴びたり、添加物を摂取するとこの活性酸素が発生します。また、酸素により酸化されますので、生きていればなくすということは出来ません。

 

病気なども誘発する活性酸素ですが、減らす事は出来ます。それには抗酸化物質が必要になります。グリーンスムージーには抗酸化物質が豊富な材料が含まれているので飲んでいることで活性酸素を減少させる働きがあります。活性酸素を排出することが出来るのですが、それによって、この好転反応というものが現れます。

 

体内を掃除している上で起こる症状ですが、個人差があります。好転反応が激しい人もいれば、反応が出ないという人ももちろんいます。

 

もちろんずっと続くというわけではなく、飲み続けることによって徐々に少なくなっていきますので安心してください。もし症状が酷いという場合は飲む量を減らしたり薄くしたりということで調整することが大切です。好転反応については効果が出る前の段階だという風に捉えるようにしましょう。

 

グリーンスムージーを作る手順と時間

 

酵素がブームになってきて、グリーンスムージーを始めるという方も増えてきました。グリーンスムージーは簡単に作れるということでも人気ですが、実際に何を用意してどの順番で入れればいいのか、時間はどのくらいかければいいのか知らない人も多いので説明します。

 

まず、グリーンスムージーを入れる順番ですが、まず水分の多いものから入れるようにしましょう。何から入れてもいいと思われがちですが、下の方に水分量が多いものを入れた方が混ざりやすくなります。

 

次に柔らかい食材を入れます。水分量が多くもないけどそれなりに含んでいる柔らかい食材を入れていきます。そして、最後に緑の野菜をいれていきます。そして最後は硬い食材となります。単純に柔らかいものから順に入れていくということを考えておきましょう。

 

また蜂蜜などを入れたいという場合は、ミキサーに入れるタイミングではなく、出来上がってから入れれば掃除などの手間も省けます。またミキサーにかける時間ですが、基本的には30秒から3分程度となります。時間をかければかけるほど滑らかさは増しますのでその辺りは好みで変わってくるでしょう。

 

ただ、一つ注意してもらいたいのはあまり長すぎると回転熱によって酵素が破壊する恐れがありますので、その辺りの時間調整はしっかりとしましょう。酵素が一番の栄養素になりますが、熱に弱いのでミキサーを使う場合はそこも考えてグリーンスムージーを作るようにしましょう。

 

参考に:グリーンスムージーダイエット成功の秘訣は?おすすめ粉末ランキング

 

 

新着情報